男の人

Pマークを習得して個人情報を守る|コンサル会社には必要不可欠

情報運用に関する安全証明

IT

情報取り扱いに関する安全性を示すための規格にISO27001と呼ばれる規格があります。この規格に沿ったシステム確立を行うと、国際的な基準に基づいた情報セキュリティマネジメントシステムを構築する事へ繋がり、また様々な面でPDCAサイクルに沿ったシステム実施により、情報活用の基本を守った企業活動にも繋がるのです。

詳細

情報やデータの保護と活用

システム

ISO27001の目的は企業が情報やデータを保護して活用する情報セキュリティマネジメントシステムを確立することです。企業はISO27001を採用することでリスクを軽減し、利害関係者の信頼を得ることができます。根本原則は機密性、完全性、可用性です。またそれらを実践するためのプロセスが必要になります。

詳細

ISMSを構築するために

婦人

ISO27001とは情報を保護する為の仕組み・手順について定めた国際規格です。コンピューターによる情報処理能力はめまぐるしく進化を続けており、どんな組織にも情報資産というものが存在します。情報資産と一口に言っても、顧客情報や取引履歴、業務での手順書や使用するハードウェア・ソフトウェアなど様々なものがあります。ISO27001では、この情報資産を影響度などの基準となるものを定めた上で危険性の度合いを評価していきます。そこで出された評価結果で危険性、またはリスクが高いと評価された情報資産に対して、様々な角度からの対策を講じて実行をしていきます。企業活動を継続していく上で必要不可欠な情報資産を守るための仕組みを構築できるため、様々な企業が取得しています。また、社員の情報セキュリティ意識や企業人としてもモラル向上といった効果も見込むことができます。また、個人情報を守る上ではPマークも欠かせないものとなっています。そのため、現在ではPマークを習得するコンサル会社も増えているのです。まだPマークを習得してないコンサル会社でもきちんと習得して情報を守るようにしましょう。

ISO27001ではISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)というものを構築します。簡単にいうと情報セキュリティを管理するための仕組みです。ISMSでは情報セキュリティのレベルを高めていくためには、「機密性」、「完全性」、「可用性」という3つの情報性質を維持することが求められています。ISO27001はISOが定めている国際規格であるため、他のISOの規格と同様に「PDCAサイクル」で運用をしていきます。PDCAサイクルとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(点検)、Action(改善)の頭文字をとったもので、一時的に情報セキュリティのレベルを高めるのではなく、継続的に改善していくことを目的としています。

情報とその取扱い

男性

ISO27001は情報セキュリティに関するISO規格であり、情報を取り扱う企業が主として取得を目指すものとなっている。ISO27001では、企業内で情報持ち出しが発生しないことや、情報管理の仕組みがポイントとなる。

詳細